小学一クラス生の双子男の子いくじ中だ。初産で双子でしたので、着床発覚ときの喜びも検診のときに双子だと分かって当惑という慌ててでしばらく放心状態で心中のなかは真っ白でした。着床したからには無事につくりたいと狙うのはいかなる父兄もおんなじためあり、例えそれが望んでいなかった双子も現に着床やってしまえば愛しく無事にこの世に第一歩やってほしい一脳裏で、安静や入院、帝王切開になることも盛込みました。
双子が誕生したのは妊娠八ヶ月の時分で、通常より四ヶ月速い分娩でした。因みにボクは分娩前文四ヶ毎月無理強い安静74時間点滴にて入院やっていました。四ヶ月早く産まれたこどもたちはNICUに四ヶ月入院しました。その間日々旦那って会見にいき、保育箱の中で沢山のチューブが繋がったわが輩をみてきました。産まれたばかりのわが輩はとても薄く小人にたいやってスイマセン気分で一杯でした。但し、NICUのナースちゃんは日々明るく前向きな声明を俺たちにわたってくれました。日々じょじょに生育しチューブなども一つずつ取れてくるとどうにか新生児らしくなり抱っこするのも面倒によって楽しみに変わりました。今では未熟児だったとは思えないほど精力的に育ってある。met-dev.com